年末の宝くじの思い出

年末になると、年末ジャンボ宝くじの結果が楽しみになってきます。
きっとそれは私だけではないはずです。
年に一度のビッグチャンスですから、買う方も多いでしょう。
テンションもぐんとアップします。
未だに一万円以上当たったことがないのですが、いつかきっと当ててやる!
そんな風に思いながらチャレンジしている人も少なくないはず。
大きな夢と話題を、わずかな時間ですがもたらしてくれます。
私の父は、宝くじをたくさん買ってくる人でした。
結局ほとんど当たることはありませんでしたが、父は父なりに楽しい時間を過ごせていたのだと思います。
母は、全く興味が無い人で少しつまらない人だと子供ながらに思ったものです。
どちらも価値観が違うだけで間違ってはいないのですが、夫婦でもかなり違うものだと子供ながらに思ったものです。
宝くじの当選番号をチェックするのは私の役目。
それがとても楽しく年末らしいと思うものでした。
恐らく父はロト6やロト7はしたことがないと思います。
宝くじと言ったら、一枚数百円で買えるあれだけ。
それ以外は認めていなかったのかもしれません(笑)

世の中はお金か?

それとも、良くわからないから好きではなかったのかもしれませんね。
今は高齢になって、宝くじにも興味がなくなった父ですが、また買いたいと本当は思っているのでしょうか。
自分で運転できなくなったので、買いに行くこともできなくなり、話題にも出さなくなってしまいました。
ですから、年末は少しだけ寂しく感じられます。
子供だった頃のあの明るくて賑やかだった時間は、今はもうすっかり昔の話しになっています。

年末ジャンボ宝くじ
年末ジャンボ宝くじは1等7億円の超高額賞金が魅力。億万長者の称号を手に新年を迎えたいならコチラ参照。
www.hpfree.com/engeki/

«
»