美しい夜景を観て家族にも教えてあげたい

夕方になって辺りが静かになってくると、本当に真っ暗になってしまうような所に生まれた私です。ですから、少しでもネオンがキラキラしていると、何だかすごく素敵に思えてしまうのです。
そんな私が、息を飲むような美しい夜景を初めて見たのは香港だったと思います。
噂では聞いていたのですが、どこもかしこもネオンだらけで凄く元気のある場所でした。
漢字や英語など色々混ざっていて、日本とは全く違う不思議な所でした。
船に乗って海の上から見るたくさんのビルも素晴らしく、どんな人たちがこの国を作っているのだろうかと思ったものです。
次に感動したのが横浜と神戸。
どこでもそうだと思いますが、明るい時と夜見るのとでは様子が全く違って驚きました。
夜になると真っ暗になるところで暮らしてきた私には、それが不思議に思えたのです。
大人になって結婚して、綺麗なものも悲しいものも、一緒に見たいと思える人と出会えました。
自分が感動した素敵なものは、ぜひ家族にも教えてあげたい。
私が素晴らしいものに出会った時に、すぐに思うのはそんなことです。
すぐに家族の顔が思い浮かぶのです。
できるだけ美しいものや心が優しくなるものを、見て行きたいなと思います。
色んなものがある中で、何を見るのか何を感じるのか、それは自分次第だと思います。
ならば、良い物を選んだ方が幸せですね。
ロマンチックだと思うココロも、いつしかなくしてしまっている私ですが、綺麗だねと一緒に語り合える家族がいるからなんだかとても嬉しいのです。
それがどれだけ幸せな事なのか、私はよく分かっています。

«
»