お土産

彼氏が会社の行事や出張として海外旅行に行くとき、きっと私のことなんてすっぱりと忘れて海外での数日間を楽しんでいると思う。
全力で楽しんでもらって構わないが、ちょっぴり寂しさを感じてしまう。

海のアクティビティに挑戦したり、同僚の部屋に2,3人集まって飲み会をしたり、ナイトクラブに出かけたりと、せっかく仕事を離れて海外に来ているのだから、日本にいる私のことは一旦置いといてもらっても構わないんだけど、少しくらい思い出して「会いたいな〜」と思って欲しい!そんなワガママ心もあるのは事実。

そこで、お土産をお願いすることにしている。
スタンダードでもなく、マニアックでもない、絶妙なお土産をお願いする。
たとえば、ハワイに行くのであれば貝殻モチーフの何かだとスタンダード。

免税店のあそこにあるアレ!と指定するのはマニアック。
結局わたしは「ハワイアンキルトを使った小物」をお願いしたのだ。
男性にはよく分からないものだと思うので、店員さんや同僚に買い物に付き合ってもらうだろうから、そのときに「彼女へのお土産で」と話してくれたら嬉しいな!と思ってのお土産オーダーだった。

お土産を買うときは、相手の顔を必ず思い出す。
こちらからオーダーしていないときに買ってきてくれるのもまた嬉しいことだ。
タイのバンコクに出張で行くことになった数年前の元彼は、シルクのストールとカゴバッグを買ってきてくれた。

ハードワークなスケジュールと聞いていたので、仕事以外はゆったり休めるようにお土産をオーダーしなかったのに、似合いそうだからと綺麗な色のストールを選んでくれたのは嬉しいことだ。

出会いは大切に

会いたい友達には後悔しないように積極的に会いに行きましょう。

会いたい人に、積極的に会いに行こうと思うようになりました。
これまで色んなことがあった人生ですが、その中でまた会いたいと思う人が何人かいます。
中には、もうどこに住んでいるのか分からない人もいますし、海外に移った方もいますから、全員に再会することは難しいかもしれません。それでも、可能な限り会っておこうと思うのです。

遠い所に住んでいる人であっても、工夫次第で安い費用で会いに行くこともできるかもしれません。
それに、再会することを目標にして、今から貯金するのも良い方法だと思います。
食費や生活費などを少しづつ切り詰めれば、飛行機代や新幹線代くらいにはなるでしょう。

私には、本当に親友と呼べる友達が何人かいます。
べたべたした関係ではありませんが、いざと言う時に必ず頼りになる仲間です。
学校を卒業してもう何十年も経っていて、皆それぞれ生活環境も名字も変わっていますが、それでもこうやってずっと繋がっています。遠く離れているのですが、相手をお互いに大切に思っているのです。

こんな私たちの関係を知って、羨ましく思う人もいました。
私も、凄く幸せなことだと思います。

ただ、いつでも会えると思っていて、突然会えなくなることもあるかもしれません
。そしたらきっと、酷く後悔するでしょう。
会いたい人に会って、そしてちゃんとありがとうを伝えようと思います。顔を見て、たくさん話そうと思います。ず
っとこんな私の友達でいてくれること、忘れないでいてくれることに感謝です。