運よく当選したらもう一度大学に通いたい

宝くじが当たったら、思い切って大学に入学したいです。
若い頃は就職のことなどを心配して理系の学部に進学したので、今度は文系の勉強がしたいです。
もしくは、美大に進学というのも良いなと思います。
文学部や美大に憧れを抱いたまま、今までずっとなんとなく日々を過ごしてきましたが、大金があれば憧れを現実にするのも難しくないかもしれません。
美大は難しいかもしれませんが、美術系の専門学校でもいいと思います。あの時ああしていれば…という後悔を少しでも解消させたいのです。
予備校に通うのは、他の学生さんも気まずいかもしれないので、家庭教師を雇って勉強したいです。
大学に通うようになったら、あのおばさんは何?とからかわれるかもしれませんが、それもまた楽しみの一つです。
今の日本では「学びたい時に学ぶ」というのがとても難しいです。
通信制大学に通ったり、夜間・二部の学部に通う人がほとんどだと思います。
それこそ、30代を過ぎてからの大学進学は宝くじにでも当たって億万長者になって、余裕のある人間の贅沢という位置づけか、生活を投げ捨てて再チャレンジのような位置づけなのではないでしょうか。
「生活の心配をせず、しっかり勉強をしたい」というのは、「夢」の話になっていますが、いつの日か「学びたい人は誰でも何の心配もなく学べる」世の中になればと願っています。
10年ほどかけてじっくり博士号まで取得できれば最高です。

«
»